LobLoy’s diary

現実日記・妄想日記・夢日記

勘違いさんの耳

君は美しい跡を残す。
昨日までの
昨日の
夢見ていた自分に笑われた。
陽射しの煌めきに笑われた。
陽射しは
熟れた。

「この唄の歌詞が本当に素敵すぎて、僕は大好きなんだ」と友達に話して、二人で歌詞カードを確認したら、歌詞が全然違った。

友達に笑われた。


f:id:LobLoy:20150208123739j:plain