読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LobLoy’s diary

現実日記・妄想日記・夢日記

価値の無い馬

数年前に、動かない時計を買った。

商店街の時計屋で「直して欲しい」とお願いしたら『そんな価値はない』と断られてしまった静かな馬。

『可愛いんだから、直して下さい』

って言ったら直してくれたかな。

また仲良く走らせるには、お金がかかりすぎるみたいだったけれど。

少し悲しくて、いつか直そうと思ってそのまんま。

やっぱり、直して使ってみたいな。

価値なんて、どうでもいいから。


f:id:LobLoy:20150209234109j:plain