読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LobLoy’s diary

現実日記・妄想日記・夢日記

青空弁当

野良猫を捜す散歩をパトロールと呼び、揺れる木々に雨が当る音を聴くのと、何となく海を眺めてるのが好きな男が、家の扉を開けて、2つある鍵穴の一つだけを掛け、左に曲がり、歩いて1分、男の家のすぐ側には公園があります。

男は公園で、ご飯を食べています。

今日は、青空弁当の日にしようと男は思ったのでした。

「こいつは良い」と男は思いました。

公園で空を見ながら、ご飯を食べるのはとても気持ちが良い。

男は、ずっと青空弁当の日でもかまわないなと思いました。

だから「こいつは良いね。ずっと青空弁当の日が続いたら良いよね」とその右隣に言いたくなりました。

男は1人が大得意だと思っていました。

でも、久々にその右隣が恋しくなりました。

今日の「ごちそうさま」は

少し小さい声で言いました。




f:id:LobLoy:20150301003829j:plain