LobLoy’s diary

現実日記・妄想日記・夢日記

ラザーニャ・エンドレス

夢の中で夢の布団に潜り込んだり、夢で夢を見ようとする場合、僕にとってのそれは幸せな事が多い。

夢のベッドシーンには、一人でいるという場合が少ないからだ。だからって、誰かと愛し合っている(つまりはそういうことだ)という機会は少ない。僕は先に眠りについてしまう。仮に機会があったとしても、愛する人では無いことが多い。だから、夢の中で僕と愛する人の間で巡る時間というのは、とても質素なものがほとんどだ。

ベッドの上で挨拶をするとかくらいに、いつも傍にいるであろう時間の面影は感じられるのだけれど、僕に分かるのは彼女がとても愛しいということや、多くの彼女には悩みがあること、一緒にいる時間のほとんどが真昼間であるとか、まあ、そんなところ。

もちろん、僕達の質素な時間はベッドシーンだけではない。生活の至る所で巡っている。でも、ベッドの上とそこの違いを説明しろと言われたら、僕は困ってしまう。

僕達は、どこかへ行くということがないからだ。いつも違う部屋や場所、または時間で彼女と出会うのだけれど、僕達はそこに行ったとか、出掛けているという感覚はあまりない。そこに居ると言った方がしっくりくる。

夢の中の夢のレストランで、一人でラザーニャを食べるとして、僕は「いつもラザーニャを食べている」らしいから、注文をする必要がない。いつだって僕はずっとそこにいて、そこにしかいなくて、そこでラザーニャをずっと食べ続けてきた男なわけだ。ラザーニャ・エンドレスと、二人の世界は似かよっている。

僕と彼女は食事をする。でもレストランでラザーニャはあまり食べない。一緒に食事をするけれど、それはどちらかが用意したものだ。僕達は、僕達だけの、または僕の分だけを準備して食事をする。レストランも本当は要らないことになる。僕が食べたいものを彼女は知っている。「ラザーニャを食べるなら、一人でかまわないわね」と彼女は心得ている。だから、食事なんて気にしなくっていい。どちらかといえば、真っ白な彼女のためにビーチパラソルが必要になる。 

僕らは話をするけれど、その話題は悲しいニュースのあれこれについて、それが「とても悲しいことだ」と改めて言い直すのに似ている。もし、僕の家が燃えてしまったとして、僕は自分の家が燃えた事を知るなら、彼女もまたそれをどこかで知る。その事を知っている僕に、彼女がそれを時々教えてくれる。

彼女は僕の仕事について、しばしば調子を訊いてくる。そして、僕に忠告をする。

「明日は気を付けて。あそこの人達はせっかちだから。ユトリロの額縁が、壁に何度もぶつかっているでしょう。ガツガツって。絶対にダメ。音を鳴らしてはダメよ」

僕に忠告する彼女はとても優しい。本当は伝えようとする気なんて、まるでないのかもしれないけれど。女の人はどうして笑いながら声を出せるのだろうと考えてみる。赤い髪が、少しだけ気になる。

彼女について愛すべきところを簡潔に説明するなら「僕について知っているということ」なのだけど、それを更に具体的にすると「彼女は僕が悲しくならないようにするための方法を知っている」ということになる。

僕はレストランより、二人で家や海岸やら、草原や砂漠で一緒に食事をしたいし、彼女が目覚めるのであれば、その様子を眺められるだけで良い。仕事の話なんてしなくてもかまわない。二人の真昼間に僕が仕事の話をしたがるなんて、あり得ないのだから。

二人でいる間に、ユトリロが酔っ払っていても僕には関係ないことだし、その時には誰かがルノワールの小さな花束をどうして手放したのかもどうでも良いし、ビュッフェの街並みは好きになれると思うけれど、今は、無理だ。

真昼間にはどうでもいい。

僕にとっては幸せなことだから。

「愛している」とか「好き」とか、僕が伝え終わることのできないその時も、あの人は嫌な顔をしない。

彼女は、それをよく知っている。






f:id:LobLoy:20150308025004j:plain