LobLoy’s diary

現実日記・妄想日記・夢日記

音が聞こえたその後に

休む場所も無い。

気の毒だったから音楽を整理した。

眺めると色々な音楽がある。
もう触れない音楽、
たまに仲良くなる音楽、
何処かで巡り合ってから傍にいる音楽。

それらとは違う存在の音楽もある。

その音楽はレコードだった。

骨董品屋にそのレコードは居た。
素敵な邦題と絵。

僕はそのレコードを部屋に飾っていた。

それを眺めながら、歌や音楽を妄想して、僕は勝手にその作品を頭の中で創っていた。

そこには18歳になって42日目の音楽であったり、20歳を迎えてから279日目に感じた音楽がある。

その日に生まれた音楽は、その日で消える。

だから、今日感じた音楽も今日だけのものだ。

実際にこのレコードを聴いた事は一度も無い。

今日のようにそれが目に入ると、僕はイメージを想い浮かべて終わる。

僕はそれ以上踏み込まない。

きっと本当の音を聴く事は一生無い。

人間関係の中にも、同じ様な事が稀に訪れる。

手招きしてくる過去と触れてから、少なくとも僕の近くにそれは何度かあったことを知る。

想いのまま残しておきたいこと。

また少し変わってしまう。

音が聞こえたその後に。




f:id:LobLoy:20150322132813j:plain