LobLoy’s diary

現実日記・妄想日記・夢日記

魔法ならなんとか

大阪の串カツ屋さんで食事をした時、お店のマスターとお酒の話をしていた。

そこはお酒の種類が豊富だった。

主人は過去にバーテンダーをしていたそうで、僕は親父さんでも大将でもなくマスターと呼んだ。

「好きなお酒は何ですか?」と僕は訊いた。

『どれが好きかなんて決めちゃいないよ。これが好きだなんて言ったら、お酒が喧嘩しちゃうだろ』とマスターは答えた。

それ以来「好きなお酒は?」と訊かれる度に、

「僕は何でも好きだよ。でもカクテルが一番好きだ。魔法みたいだから」と答えている。

だけどさ

「何でも好きだよ」は難しいなって時もある。

人と人の話となれば、喧嘩してでもハッキリしなきゃいけないことがある。

こればっかりは魔法とはいかないからね。




f:id:LobLoy:20150405212721j:plain