読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LobLoy’s diary

現実日記・妄想日記・夢日記

Letter 5

Letter 5

僕一人ならさ、僕が見た美しいものなんて僕にとっては何の意味もないってことなんだ。リストランテで食事の合間に花売りから一輪の薔薇を買って、目の前の誰かにそれを捧げることの方が僕には必要だった。あの頃もそうだったはずだ。本当はそれだけが必要だったはずだよ。



f:id:LobLoy:20150530125641j:image