LobLoy’s diary

現実日記・妄想日記・夢日記

好きになったから声を掛けるのではなくて、気になるから声を掛けるのだよ


友人と居酒屋で呑みながら、他愛も無い話をしていた。僕の後手のテーブルとその右手にも女性の二人組がいる。

「後ろの女は持ち帰れるよ」と友人が言う。

僕は8秒間ほど彼女を眺めて直ぐさま諦めてしまう。

ナンパなんてやっぱり無理な話だなって思う。

「好きになったから声を掛けるのではなくて、気になるから声を掛けるんだよ。ロブロイ君」

っていう友人の教えが頭の中で反芻している。

仕方がないから、もう考えるのはやめてしまう。

僕には無理な話だ。

お酒を呑んだ女性を口説くのはやっぱり好きになれない。寝るだけならそれは如何にでもなっちゃうじゃないか。

深愛なる友人よ、

僕には無理な話でした。

僕には出来ない答えがある。

こうして散策しながら考えてみても。

この場所で彼女と手を繋ぐ事を想像してみたんだけど、それは無理な話だったよ。





f:id:LobLoy:20150613181525j:image