LobLoy’s diary

現実日記・妄想日記・夢日記

足跡には生命を


そこを走り抜けると花が咲く。
その時々にはシャボン玉が舞う。
犬や猫達のファンファーレも用意する。

始めは白黒の景色だから、昼か夜かもわからない。

僕は走り抜ける。

走り抜けようとすれば全てに色が宿る。

足下にはオーロラが落ちている。

雪が降りそうだ。
景色に青みが増して行く。
その雪は辺りを白くは染めない。
僕は全てが冷たいコンクリートで出来ているのを感じる。

夜になって

昼を2回迎えて

朝に戻って

しばらくは夜が続く。

空しさやら物哀しさがずっと僕に付き纏う。

今にもこの先にも幸せがあるとは思えないから、どうしたら良いかわからない。

だから走っている。

走る。もっと早く。

でも、走る続けるならやっぱりこういう景色でなくちゃ面白くないよ。

別にそんなでもない。
それは本当じゃない。
僕はあの人を好いてはいない。
でも、好いていることにしてしまう。

僕は一番寂しくて、色鮮やかな真昼間がずっと続くものを選ぶ。

それはずっと繰り返される。



f:id:LobLoy:20150629213416j:image