読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LobLoy’s diary

現実日記・妄想日記・夢日記

その足で、体はどこへ向かうのか


すごく楽しみにしていたジブリ美術館の予約が取れなかったので、僕達は映画を観た。

その足でビアガーデンへと向かう。

馴染みのないカクテルの名前を呼びながら、香草が山積みの白い円をテーブルに並べた。

極め付きはそこに添えられた話の数々なのだが、こればっかりは書けないわけで。

女性って凄いよな、と驚嘆したという下り。

僕は中性的な扱いをされる事が多い。

その女性二人と男一人のテーブルは完全に女子会になった。

性的な話を赤裸々にするにしても、男女の場合は深みと生々しさがまるで違うから、不思議だ。

「ロブロイ君は平気?目の前でこんな話しても」

「うん。平気。あんまり気にならないよ。女友達はみんな僕が居てもあんまり気にならないらしいから、そんな話を良くしてる」

「ああ、やっぱりねー(笑)」

というわけで、

結果として

次回は、

ジブリ美術館に行って、その足でロマンポルノを観に行って、お酒を呑むという段取りになるわけですね。

うん。

体はどこへ向かっているのかな、その足で。



f:id:LobLoy:20150729005812j:image