14/8/2015 10年後のクジラ

 
『久しぶり〜元気にしてた?あらっ、本当にお母さんに似てきたわね』とMが言った。
 
『な?ソックリだろ』とHが言う。
 
『これ、ロブロイか?全くわからねーな。いや…母ちゃんそっくりだな!』と眠たそうなDの目が開いた。
 
「わかったよ。似てきたかもね。みんな、そうだな。んーみんな、全く変わらないね」
 
『『『嘘つけ!!!!!!(笑)』』』
 
彼等は母の姉の子供達。
 
一人は25年振りで、一人は15年振りに(もう一人は二年前だけど)僕等は久々にTV電話で、顔を見合わせた。
 
お盆に母の実家で親族が集まっている時に、僕の話が出たそうだ。
 
この3人兄弟と僕とは、10歳以上の年の差がある。
 
物心ついた頃から、僕らが顔を合わせることなんて滅多になかった。
 
島と本土とイギリス、みんなバラバラでいる4人にとっては、小さな島に3人揃う機会は珍しい。
 
しばらくテレビ電話で話を続け、
 
僕等は10年後の約束をする。
 
その時は島にいる。4人で会うんだ。
 
僕等はトライアスロンをする。
 
なぜかみんなでトライアスロンをする事になったから。
 
その頃には40歳だから、今から何とかしなくちゃいけないな。
 
その時、僕は泳ぎたいな。
 
走るのも、自転車も誰かに任せよう。
 
あの島の海はずっと泳いでいたい。
 
10年間、ずっと泳いで待ち続けたいと思った。
 
 
f:id:LobLoy:20191106015219j:image
 
 
P.S
TV電話は便利な様で、顔を見合わせているのに郷愁の念が強まるので不思議です。