LobLoy’s diary

現実日記・妄想日記・夢日記

素敵なあの子のどれかが好き


知らない人とお酒を交わす機会が増えている。

「好きな料理は?」と訊かれる。

料理をしない僕には、料理の名前が分からないので、いつも直ぐに答える事が出来ない。

「肉と魚と野菜とチーズ、あとチョコレート」と答えを搾り出した。「え?」と言われた。

「どんな女性が好きなの?」と訊かれる。

過去を掘り起こして、同じ時間を過ごした女性を想い浮かべてみる。好き嫌いは自然に作られていると思っていた。不思議な事にどのような女性が好きかを訊かれても、直ぐに答えられない。

先手を打って、好きな女性のタイプを頭の引出しから直ぐに取り出す準備をすることにした。

★内方の列挙
思いやりがある、健康、大人、優しい、真面目、家族を大事にする、あまりお酒は呑まない、煙草は吸わない、料理が出来る、自立している、口が悪くない。

★外殻の列記
髪が長い、くせ毛じゃない、白い肌、派手じゃない。

とか……

とか?

なんだろうな。

「僕も変えていかなきゃな……」と妙に納得して書き出すのを途中でやめてしまった。書き出してから、分かることもある。僕に無いものがここに並んでいる。



f:id:LobLoy:20150826224658j:image