読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LobLoy’s diary

現実日記・妄想日記・夢日記

いつものラスク


いつものラスクを買った。職場の通訳さんがお気に入りのラスクだ。

東京オフィスへのお土産選びは結構楽しい。訪問先で見つけた道の駅やら、農協の直売所、または観光地の土産屋にふらっと入って眺める。

お土産の当たりハズレは、僕の趣向の有無によることが大きいので、自分好みはやめた。郷土料理系やその土地限定の何て読むのか分からない物を買いたくなるけれど、オフィスでは日本風の食べ物はそこまで人気がない。

こっちに来る度に買うラスクは、何となく手に取ったお土産だった。それが一番お気に召したようだから、何となくそのラスクを買って帰るようにしている。

ほとんど僕は東京に居ないから、お土産を渡して、そのお土産の感想は一週間後の「ただいま」の時に。また一週間後に何かを買って、また一週間後に感想を。

ありがとう。どういたしまして。美味しかった。ありがとう。美味しかった。どういたしまして。ありがとう。ありがとう。どういたしまして。ありがとう。美味しかった。どういたしまして。ありがとう。あ、あれ、すごく美味しかったです。また食べたい。そう、良かった。また向こうへ行ったら買ってくるよ。ありがとう。どういたしまして。ありがとう。どういたしまして。ありがとう。あ、これ美味しいですよね。これ好きだよね。

僕はいつものラスクを買った。



f:id:LobLoy:20150828085314j:image