Lの場合

 
『Yが引っ越すから家が無くなる。仕事もちょうど無くなったし、暇だからカナダに行くよって話したのは夢だよね?妙にリアルで。LINEの履歴とか見ちゃったよ』
 
「端的に言うと、ほぼ当たりだな。Yに恋人が出来たから、僕は家を出る事にしたんだ。宿無し状態に加えて、職場もN局の監査のおかげで解散するかもしれない。妙に当たってるね。一つ当たっていなかったのは、カナダに行くという手があったのを僕が見越してなかったことだ。いい手だな」
 
『テレパシー?』
 
「そんな……いや、でも当たってるからな。不思議なものだ。そっちへ行ったら、どれくらい暮らせるかな?無一文は」
 
『ただの観光ビザなら半年は住めるよ』
 
「そうか。君はあとどれくらいいるつもりなんだ?それに、働けるのか?」
 
『私はあと9ヶ月ちょっとかな。ちょっとブラックなとこなら働ける』
 
「よし、カナダだな」
 
『Eが泣くわね」
 
「そんなことないさ。君が居なくなった時に比べたら、僕のはどうでもいいことだよ」
 
『いざとなったらEのお世話になるかもよ』
 
「ないね。それはない」
 
『本気ならOに聞いとくわよ。8割は大丈夫だと思うけれど』
 
「そうか。少し待ってくれよ」
 
『うん』
 
「君のテレパシーはすごいな」
 
『送ったのはあなたよ』
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:LobLoy:20151005203602j:image