LobLoy’s diary

現実日記・妄想日記・夢日記

11月2日の雨


目覚めたのは朝の9時だった。チェックアウトの10時に追い詰められながらも、とりあえず煙草を吸って、シャワーを浴びる。身体を拭いてからまた煙草を吸った。最近、胸の左っ側が変に痛むから煙草をやめようかと考える。誰の為に?と気を巡らし終えて吸いきる。テレビのニュースを時計代わりにして、準備に取り掛かる。4泊目の部屋でバッグから取り出したシャツには81時間分のシワが付いている。青い格子柄のシャツと黒いスラックス。シワを隠すための紺色のカーディガン。真っ暗な靴下を履き終えたら腕時計を身に付け、ブレスレットを右手に巻きつける。部屋を出てエレベーターで1階まで降りる。フロントに鍵を置いて窓の方を振り返ると濡れた路面と曇り空がいた。 

車で待ち合わせ場所へと向かう。途中、路肩に車を止めて煙草を二本吸う。2本目の終わりに蜂が仲良くしたがって纏わりついた。臆病な犬が吠え続けている場所で話し込む。終わったらまた違う場所へ行く。話を聞きながら回答と感傷を繰り返す。18時近くになって中華料理屋で食事をしながら仕事の話をする。20時を迎えて30㎞程離れた旅館へと向かう。風呂に入り缶ビールを呑む。手記を綴る時に僕の1日を書く事にする。事細かに伝えたい事も消えてしまうから煙草を吸う。

11月2日、土砂降りの雨が話し込む合間に何度も訪れた。大切な話も雨に流されていく。





f:id:LobLoy:20151103000734j:image