LobLoy’s diary

現実日記・妄想日記・夢日記

神様を手懐けようとした


f:id:LobLoy:20151213231626j:image

愛知県の知多半島でフラフラしていた。何となく珍しそうなものはないかと探していたら、赤レンガの建物が国道沿いから見えた。

半田市の赤レンガ。

f:id:LobLoy:20151213231652j:image

過去にそこはビールの製造所だったそうで、中に入ると常設展によりその製造所の歴史と製造されていたカブトビールの古い瓶やビールグラス、宣伝用ポスターを見ることが出来る。

f:id:LobLoy:20151213231713j:image

f:id:LobLoy:20151213231728j:image

復刻版のビールがお土産コーナーにはあり、僕は2本買うことにした。1900年に製造されていたビールの味を再現しているとの説明書き。その香りをそっと嗅いで、1900年頃の時の香りも知れたら面白いのにね。

f:id:LobLoy:20151213231746j:image

ちなみにポスターの萬龍という女性は当時の日本で一番美しいと言われていた人だそうだ。友達に「日本一の美人だよ」と写真を見せた。

「私も1900年なら、絶世の美女だったわね」と言うので、「君は1900年なら、絶世の美女だね」と僕も言ったら、しっかり怒られた。




赤レンガの近くにはお稲荷さんを祀った神社があり、一通りビール製造場の内見が済んだので、ふらふらと境内を散策することにした。

お賽銭箱に、小銭を入れ神様にお願いをする。

「とりあえず、みんな、幸せにしてください」

お願いをしたら、ふらりと狸の様な猫が出てきた。神様か、または神様の遣いだと思い、神様を手懐けようと思った。直ぐに神様と打ち解けたので、危うく神様を連れて帰るところだった。

ささやかな幸せでかまわないから、お祈り、よろしくお願いしますね。にゃ。


f:id:LobLoy:20151213232040j:image


f:id:LobLoy:20151213231815j:image