19/12/2018 知らないくらいでちょうどいい

 

「やっぱりさ、LoBは呑めない女じゃダメなの?」

Aの眼がしっかりと座っているので、完全に酔っ払ったのが分かる。

「いや、僕は呑めなくても良いよ。でも、君は?男は自分と同じくらい呑めないと気が済まないんだろ?」

「ははっ、わたしはねー」

なんでいつも酔っ払うのに顔の色は変わらないし、滑舌も良いのかな?とAの顔を観察してみる。

「なに?」

「ちょっとそれはそれで損だよね」

「え?」と少し瞼が落ちそうなAは声を漏らす。

「いや、こっちの話」

でも、あと2杯くらいだ。これ以上お酒がすすむと僕はここからAを担いで、井の頭線のホームまで階段を登ることになる。

「なんで、呑めなくていいの?相手は飲まなかったら、自分は好き勝手呑めないかもよ?」

「良いよ、トマトジュースやオレンジジュースを隣で飲んでればさ。BARで呑んでいても僕より先に飽きるだろ。だから、『もう帰ろう』と言われる。それで帰れば良いさ」

「わからないわね。いつもそんなに長いのに」

とっとっ、と小さな音がする。

「君はお酌が上手だよね」

「慣れてますから」

「僕はお銚子を最後に回さない子の方が愛らしいと思うけどね。知らないくらいでちょうどいい」

 

 

 

f:id:LobLoy:20191215103440j:image