今は無理だよ、海獣と一緒なんで

僕のお気に入りの場所は、いつも人がいない。この浜辺もそうなのだけど、少し海水浴場から歩いて行くとそこにはアシカの群れ(真っ黒なサーファーさんをいつもそう呼んでる)もいない。テトラポットが波を大人しくさせるから、砂は静かにするしかない。だから、水が澄んでいる。時折、群れから外れたアシカが寝そべっているけれど、また海の沖へと戻って行く。

 
僕の時間だ。
 
『マエストロ、こちらのステッキでよろしいですかな?さあ、ご存分に。それでは始めていただきましょう』
 
「承知しました。では手始めに私めの名をこの地に刻みましょう。私めが此処に来た事を母へ伝えなくてはなりません」
 
ロブロイって砂浜に書いた。
 
f:id:LobLoy:20150508180934j:image
 
 
「素晴らしい。良いステッキです。これならば、猫や鳥、イルカも呼び寄せる事も出来るでしょう。しかし、それでは面白くない。さて……」
 
『おお!!これは!!ロブ……いえ、マエストロ!こ、このような生き物を呼び寄せるとは!』
 
「ふふっ驚かしてしまい申し訳ございません。どうも猫では興が醒めるというもの。正にこれが!この地に住まう伝説の海獣でございます」
 
砂浜に海獣を描いた。
 
『さ、流石でございます。恐れ入りました。はて、何だか海獣様は怒っているようですが……』
 
「んーきっとお腹がすいているのです。これはいけない!彼が怒ると大変な事が起きてしまうでしょう。ささ、彼に何か食べる物を探しましょう」
 
落ちてる海藻とか石とか海綿とか花とか海獣の口の中に集めた。(結構、時間かかった)
 
f:id:LobLoy:20150508181034j:image
 
『おお、マエストロのおっしゃる通りです。お腹が空いていたのですね。おや、なんだか海獣が唸っていますが……』
 
「では私めが海獣に聞いてみましょう。なになに?ふむふむ。そうか。わかりました。魚も食べたいそうです」
 
大きな魚も描いた。
 
f:id:LobLoy:20150508181048j:image
 
しばらく、そんなこんなで一人遊びをし続けた。陽射しが山の隙間へ帰ろうとする。海獣にはもう陽射しが当たらなくなってきた。
 
潮が満ち始めている。魚の尾が波に撫でられて消えてしまった。もう少ししたら海獣も海に帰らなきゃいけないな。
 
何かを残すことに執着できない。波打ち際でハートを描くことにした。何度も何度も描いたけれど、波に呑まれて消えてしまう。愛は儚い。やっぱりもう少しだけ海獣のそばにいることにした。手記を綴る間くらいだけれど。
 
休みだと言うのに、朝っぱらから仕事の電話がひっきりなしに鳴る。東京のオフィスに全て置き去りにして、海でぼやぼやしているのに。もう電話に出るのはやめにする。正直なところ、そんなに慌てる話じゃないしさ。
 
僕の方がよっぽど大変だよ。ロブロイは今すごく忙しいんです。海獣と一緒にいるんだから。
 
 
 
 
f:id:LobLoy:20150508181103j:image